DSC02473 (2).JPG

野愛の里 

NOANOSATO 2022

トップ春.JPG

自然栽培農園【2022】

​<1月~3月> 畑の準備

DSC04703.JPG
畑から雪の赤星山// 1453m(昔、瀬戸内海を航行中の船が嵐に会って、難波しそうになった時、この山から赤い星が飛んで来て、船の航路を導いて救ったという伝説があります。)
DSC04692.JPG
新しい仲間 クボタ「菜ビ」(3馬力、重さ50㎏)
クボタ、ヤンマー、イセキ……機能も様々、色々検討した結果、折りたためて車にも積める小型機を購入しました。
〇生姜畑の再耕・拡張  
耕うん⇒ウネ立て⇒ウネの整形⇒草マルチ(今年はビニールマルチをやめて循環型の草マルチにしてみる)
DSC04696.JPG
DSC04709.JPG
DSC04756.JPG
〇アピオス畑のウネ立て
冬季に枯れた雑草をレーキで集めた後、耕運。小型なので何辺か往復、アピオス畑のウネ整形、集めた枯草で草マルチにする。
DSC04693.JPG
DSC04700.JPG
DSC04753.JPG
〇ニンニクとタマネギの成長状態、夕方の三日月、サル出現
昨年10月に植えて5か月、肥料、消毒なし、元気に育っている。サルが3匹ほど飛び跳ね、フェンスに座りみかんを食べている。
DSC04757.JPG
DSC04759.JPG
DSC04761.JPG
DSC04763.JPG
DSC04725.JPG
DSC04719.JPG
30年以上放置されていたキウイの枝をバッサリ剪定、棚兼休憩所を作りました。さて、実は成るだろうか。
DSC04769.JPG
畑では大地に足をなじませる。時々空を見上げる。風の妖精がそばにいる。UFOは見えない。
〇ヤーコン畑の準備
昨年良く育って球根が増えたので、休耕地を耕運。ウネ立て、草マルチ
DSC04765.JPG
DSC04775.JPG
DSC04774.JPG
DSC04777.JPG
(こちらの休耕地は準備中)​
3月末、この地方独特の「やまじ風」が吹き荒れた。台風の様な風-。
キウイの棚の屋根がはずれて支柱が傾いた。草マルチは散々…。
「やまじ風」は、よく春先に吹き荒れる。この地方
は、1,400m.級の山々が瀬戸内海のすぐ近くにそびえているので、山と海の急激な温度差によって嵐が発生するらしい。長年農業をされている方々はそのすさまじさをよく知っているので、マルチをしっかり張ったり、突風にも堪えうる作物(サトイモ、山の芋など)をつくっている。

​<4月> 春・種まき

DSC04816.JPG
DSC04810.JPG
4月始め、再び雪が積もった二ツ岳(1647m)と満開の桜
 
〇アピオスの定植
畝を整備して支柱を立てる。本当は2mくらいの支柱にしたいが、やまじ風を想定して控えめなつくり、というか頑丈な支柱を立てる費用がない。土の中に保存しておいたアビオスを掘り起こして植える(約千個)。大小様々、もう芽が出ている種芋もあった。
DSC04848.JPG
DSC04841.JPG
〇ヤーコンの定植
土の中に保存しておいたヤーコンの株を掘り起こし、株分けして植える(約300個)。アンデスの雪(白色)と乙女(紫色)
​定植時の水やりは「EM1(有効微生物活性化液)」を希薄してジョロで散布。
DSC04853.JPG
DSC04847.JPG
(自然の神秘)
DSC04856.JPG
​キャベツが龍の姿に!!
DSC04828.JPG
​何故4月にシイタケが⁇
DSC04830.JPG
​いただいたアボガドの種-はやく大きくなあれ(何年先?)
DSC04875.JPG
​4月の満月
DSC04863.JPG
DSC04869.JPG
​進化するキャベツの龍、花が咲き二頭となった…不思議不思議
DSC04887.JPG
​神木オガタマノキ開花、甘く清らかな香り
DSC04906.JPG
​ローレル(月桂樹)の花が満開/葉はカレーの香辛料に
〇キュウリ、オクラ、トマト、スイカ、メロンの種まき、ネット張り
昨年自家採取したキュウリとオクラとトマトの種を植える。さあ出るかな? 新たにスイカとメロンの種を植えて見ました。
DSC04907.JPG
​キュウリの種
DSC04908.JPG
オクラの種
DSC04913.JPG
​自然栽培の種は固定種 (野口種苗研究所で購入)
DSC04911.JPG
​ミニトマトの種
DSC04911.JPG
​マイクロトマトの種
DSC04900.JPG
​自然栽培(無農薬・無肥料・無除草剤) 、光と風と水と土と……自然に育つニンニク
DSC04914.JPG
スイカ、メロンは有刺鉄線内の畑に少し種まき、ナイロンキャップをかぶせてみる
DSC04879.JPG
​アピオス畑の支柱ネット張り完成、どんどん伸びてください
DSC04922.JPG
​暖かくなって来た
DSC04897.JPG
​昨年と同じ場所にキュウリ、オクラ、トマトの種を植える
DSC04917.JPG
​やまじ風で倒れていた「豊穣の女神」復活!!

​<5月> 生姜定植、芽生え、春の収穫

〇生姜畑の開墾⇒畝立て⇒マルチ張り⇒定植
昨年収穫して保存していた生姜、包んでいた紙の水分が多かったせいか、ほとんど柔らかくなっていて使えるのは少しだけでした。
そこでまた、高知のお師匠さんの家に行き、種生姜を購入しました。
​生姜は連作を嫌うとのことで、新たな休耕ゾーンを耕して畝を立て、マルチを張って定植しました。
DSC04940.JPG
マルチ張り、一人で手作業は大変です
DSC04955.JPG
見守るマイトレイヤーマリア(豊穣の女神)
DSC04952.JPG
ナビ(管理機)のタイヤの幅の関係で、畝間を広めにしている
DSC04950.JPG
昨年キャベツ等を植えていた区画も新たに耕うん・整備、定植
DSC04964.JPG
DSC04957.JPG
DSC04982.JPG
​5月の満月の翌日の月
​姫リンゴの実~今年は食べれるかな
​キュウリ、オクラ、トマト畑
〇芽生え (自家採取の種・球根類)
DSC04944.JPG
​キュウリ
DSC04943.JPG
アピオス
DSC04946.JPG
​オクラ
DSC04990.JPG
​ヤーコン
〇草取り、猿の軍団?
DSC04991.JPG
草取りをした後のウネ。​草マルチをしていても草は旺盛。
約10種類ほどの草が生えています。土の中に種子や地下茎がある限り生えてくるようです。食べれる草もあるらしい。何故そこに生えるのか、雑草の研究を深めたい。除草剤をやれば草は簡単に枯れるかもしれませんが、土は毒され、作物にも残留してしまうので使わないことにしています。
DSC04992.JPG
網で囲い、上下に有刺鉄線を付けている区画、猿が網の下の方を食いちぎって侵入した模様。発見時ジャガイモ3本抜かれて食べられていた。穴は補修したが、その翌日、20本全部引き抜かれていて、網が5カ所破られていた。大勢で来たらしい。全部食べたか持ち帰ったのか、芋は全滅。マルチにさしていたサツマイモの苗もいくつか引き抜かれていた。金網の検討。
〇待ちに待ったニンニクの収穫
昨年9月末に植えたニンニクを5月下旬に収穫。(約8か月の生育/自然栽培/) 種が大きいほど大きな玉になっているようです。
DSC04933.JPG
​5月に入って急に雑草が伸びて来ました
DSC04936.JPG
​ニンニクの芽(トウ立ち)  ねぎのガーリック風味、瑞々しい珍味
DSC04967.JPG
​葉が枯れて来たので、天気のいい日に収穫します
DSC04970.JPG
​大小様々、きれいに出来ています。採って3時間ほど天日干し
ニンニク収穫1 (2).jpg
​手で、茎の下の方を持って引き抜いてゆきます
DSC04979.JPG
軽く土を払い茎を30cmほど残して葉を切り落としキャリーに入れる
​-皮をはぎ、根っこを切り落として、茎を10cm位にします-
ニンニク収穫2.jpg
皮は何重にもなっていて、美しい白色
ニンニク収穫3.jpg
​根をハサミで切り落とす
ニンニク収穫4.jpg
茎を10cm位残してカットする
DSC04994.JPG
​大小さまざま、
様々な大きさのニンニク
ニンニク収穫5.jpg
DSC04999.JPG
DSC04998.JPG
​袋に入れて、産直いちに出荷しています
DSC05002.JPG
​今度こそ猿の侵入を防ぐ⁉
DSC05003.JPG
​今年はオリーブの花がいっぱい咲きました~いい香り~結実が楽しみ
DSC05012.JPG
DSC05009.JPG

​<6月> 春の収穫~出荷~草取り

DSC05064.JPG
見たことのない2機の飛行機が東から西へ低空飛行して行った
DSC05016.JPG
​ビワの実、今年はたくさん稔る
DSC05067.JPG
​種から育った玉ねぎの収穫 
DSC05070.JPG
​大きいのやら小さいの、家で一年間は食べられそう
DSC05013.JPG
​咲いたニンニクの花
DSC05073.JPG
​横や下に着いているのは?
DSC05066.JPG
玉ねぎ三兄弟…… 収穫後は涼しい場所に干しています 
DSC05081.JPG
​ジャンボニンニクの収穫、やっぱりデカい
DSC05086.JPG
​ニンニクの子ども?
DSC05088.JPG
​皮をむくと真っ白
DSC05078.JPG
​少し乾燥して来たニンニク、ネットに入れ産直市へ-----今回は三日間で売り切れました。ありがとうございました。  また明日出荷します。
DSC05094.JPG
​ミニトマト
DSC05095.JPG
ミニトマトとショウガのウネ
DSC05099.JPG
​キュウリの花が咲きはじめる
DSC05109.JPG
DSC05098.JPG
オクラ
DSC05096.JPG
ショウガ
DSC05101.JPG
​サツマイモ 猿に荒らされた後の繕い
DSC05104.JPG
​アピオスの花が咲きはじめる
DSC05103.JPG
DSC05111.JPG

​<7月> 夏の収穫~草取り

DSC05116.JPG
​今年のキュウリは萎縮気味
DSC05143.JPG
​アピオスの花を摘んでお茶に
DSC05136.JPG
​大きく葉を広げるヤーコン
DSC05146.JPG
オクラ収穫間近
DSC05127.JPG
ミニトマトの花が咲きはじめる
DSC05163.JPG
アビオスの花に湯をかけて、レモン汁を数滴、ピンク色に
DSC05134.JPG
サツマイモ畑
DSC05150.JPG
​ショウガ

​<8月> 夏の収穫~出荷

​今年の夏は暑すぎる。昨年よりさらに早く、8月上旬にツクツクボウシが鳴き出した。太陽フレアの増大か地軸のゆらぎか…。
【大事件!!サツマイモ全滅……】鉄柵の下を掘って体当たりか?、猿の軍団が大侵入?
 -これからお芋が大きくなっていく途中なのに- 一夜の内に、サツマイモ苗150本全部抜かれていた。
 8mの畝6つ、端から端まできれいに掘って持ち逃げか? サツマイモ想定700個全部食べられてしまった。
 楽しみにしていた仲間との芋掘り、焼き芋大会が台無しに………。(以後、しばらく農作業のやる気をなくす)
DSC05169.JPG
DSC05170.JPG
DSC05190.JPG
​自然栽培野菜、産直市出荷中

​<9月> 草刈りに追われる

​ヒガンバナはいつもだと9月のお彼岸頃に咲くのに、9月1日に1本咲いているのを見た。
DSC05397.JPG
​例年より、20日ほど早く咲くヒガンバナ。季節の流れが変わって来ている。
はじめて栽培したニンニクは順調に結実し、産直市では100袋以上売れました。
オクラは、9月中旬まで実っていました。
昨年のマルチそのままで(しかも猿やイノシシが歩いて穴が空いた隙から草がぼうぼうの中)、そこで育ったキュウリの種を植えましたが、うまく育たず、あまり大きな実が成りませんでした。ミニトマトも茂った割に少ない収穫でした。(放任し過ぎ?)

​<10月> 秋植えの準備、定植・種まき

DSC05426.JPG
​①キュウリ畑の後、支柱をかたずけて草を刈る
DSC05449.JPG
​③今年収穫して、保存しておいたニンニクの球根片を用意
DSC05443.JPG
​②ナビで耕した後、ウネを立てる、EM液を散布する
DSC05504.JPG
​④マルチを張る、今年は穴の開いたマルチにしてみた。
➄ニンニクを植える(約1500個) +タマネギの種40粒
​ 写真は少し芽が出た頃、早く出て来たのでびっくり

​<11月> 秋の収穫、出荷

DSC05724.JPG
​ひとやすみ//秋の紅葉を見に、大窪寺へ参拝
DSC05732.JPG
​四国霊場第八十八番大窪寺の紅葉​、約500m地点から
DSC05505.JPG
​順調に育つニンニク、ほとんど芽が出て伸びてきました
DSC06030.JPG
​マルチの穴から草も出て来たので草取り、半日かかりました
DSC05822.JPG
​11月8日、皆既月食に入る前の満月
DSC05840.JPG
食が終わり.丸く見えだす途中(天王星食は肉眼では見えない)
DSC05634.JPG
​生姜の収穫、少しづつとっては洗浄し、翌日、袋に入れて出荷 
DSC06033.JPG
​自然栽培なのか大小様々です (小型重量計で測って、袋詰め)
DSC05636.JPG
DSC05636.JPG
DSC06034.JPG
​今年はマルチなしで育った、ヤーコン、草の中 
DSC06035.JPG
ほとんど放任栽培、強いヤーコン、花が咲く