top of page
  • 執筆者の写真TOMO

聖者と宇宙人


聖者は自ら「宇宙意識(サマーディ)に達し宇宙を旅している。宇宙人は「反重力・フリーエネルギー装置」の宇宙船で「意識の力と工学技術」を連動させて宇宙を旅している。

最近、インドの神秘家・ヨガ聖者「サドグル(1957年生)」のYouTubeを見ていた。昔から地球の聖地とされるチベットのカイラス山・マナサロワール湖を旅する瞑想ツアーは感慨深かった。

師が代表する南インドの「イシャ・ヨガセンター」には巨大な「シヴァ神(古代インドの神、カイラス山を住居とするヨガのマスター、もともと無限の空間を意味する)」の像があり、その前で音楽やダンスが奏でられ、色んな瞑想イベントが行われている。

サドグル師は、ある動画の中で「シヴァ」は地球で生まれたのではなく、他の場所から、定期的にいろんな時代に地球にやって来て、地球と人類についての宇宙的な知見を我々に教えてくれたと語っている。

つまり、太古のヨガのマスター「シヴァ(アディ・ヨギ)」は宇宙人だったというのだ。

師はヨガの指導者であるだけでなく、ヨガを通して世界の様々なコミュニティーを再建する福祉事業を進められていて、貧困地域への病院や学校の設立、生活・教育支援や環境修復活動にも取り組まれている。

また、現インドのモディ―首相や各分野の著名人との会談、国連や世界経済フォーラム(地球文明の支配層が集まるというダボス会議)にも参加されており、南アフリカの有名な政治家との対談ではユニークな見解を示されている。(文末に参考動画リンク有)

〇システムも大事ですが、深い一体性を持つヨギ(ヨガ行者)たちが世界を回すべきです。

〇あるポーズをとって座っている人がヨギではなく、みんなを自分のように扱う人がヨギなのです。

〇私たちは世界のリーダーたちに少しでもヨガに触れてもらい、世界の見方、考え方、感じ方を変えてもらうよう働きかけています。

〇ヨガは道徳でも倫理でもなく、あくまで経験的に人生をどう感知するかです。リーダーたちのうち10%が変われば、大きな変化が起こるでしょう。

〇私が経済フォーラムに参加したとき「25人のリーダー(世界経済の90%を占める主要25か国の首脳)たちを私のもとに5日間預けたら、3年後には大きな変化が起こる」と言いました。このリーダーたちの考えが少しでも変われば、すべてが変わるでしょう。

<同感!!>

∞  ∞  ∞  ∞  ∞

インドには過去、多くの神秘家や世界教師とも呼べる聖者方がいた(現在も―)。

1970年代、道を求める若者の間でインド巡礼ブームが湧き上がっていて、多くのガイドブックが出版されていた。その中に「こころある旅インド」(著者::馬夫基彦、プラブッダ、山尾三省、 CBS ソニー出版 1977 年)という本がある。そこには、当時有名だった「グル(導師/暗闇を払拭する者) 」たちが紹介されている。以下「グル・アルバム」と称する写真の一部を引用します。













なお、クリシュナムルティ師は1986年、マハリシ・マヘッシ・ヨギ師は2008年、バグワン・シュリ・ラジニーシ師(OSHO)は1990年に他界されています。

チベット密教の最高指導者ダライ・ラマ14世は今もご健在です。当本には載っていないが、サティア・サイババ師(1926~2011年)も有名でした。

密教系では、ヒマラヤ・チベットを旅して大師方に会ったスポールディング氏やマグドナルド・ベイン博士の著作に、キリスト、仏陀をはじめ何人かの「ヒマラヤ聖者」の教えが伝えられています。宇宙人とコンタクトしたジョージ・アダムスキー氏の教えとよく似ています。また、ブラバッキー夫人の神智学、シャンバラを探求したレーリッヒ氏が伝えるアグニヨガ、ドーリル博士の秘教、アリス・ベイリー女史のトランス・ヒマラヤ密教には、アデプト(超人⦆と呼ばれるモリヤ大師、クートフーミ大師、ジュワルクール大師などの教えがあります。

その他、ユニークな行者や天真爛漫な裸のサドゥーが悟りを求めて旅をしています。

最後に忘れてはならない、パラマハンサ・ヨガナンダ師を「グル・アルバム」に追加し、追悼したいと思います。




(参考/サドグル・ジャッギー・ヴァースデーブ師関係動画link)

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page