• TOMO

A氏が宇宙人と会見した日

UFO・宇宙人の話をすると、またも馬鹿にされそうであるが、宇宙時代が到来しつつある。

1952年11月20日はある人たちにとって忘れられない記念日である。ロイヤル・オーダー・オブ・チベットを主宰していたジョージ・アダムスキー氏が、初めて金星人オーソンと会見した日である。カリフォルニアの砂漠で、仲間と空を観察中、大きな母船が現れれ、次に小型宇宙船が着陸し、その中から出て来た美しい男性のパイロットと会見された。その前後、米空軍と思われる飛行機が上空を飛んでいたという。

オーソンは、地球で始まった原子力爆弾の実験は地球だけでなく宇宙にも影響を及ぼしている危険な行為であると警告した。その会見をきっかけに、後にアダムスキー氏は度々太陽系内の宇宙人たちと会い、彼らの宇宙船に同乗して月や金星・土星に旅をされた。その体験を基に宇宙人からのメッセージや教えを書物に記し、世界講演旅行を行う等、地球人の宇宙意識の向上や地球文明の平和的・科学的進化について啓蒙活動に奔走された。

未だアダムスキー氏の体験については賛否両論を聞くが、その教えは宇宙普遍の真理を説いており、聖典のように奥深く、インスピレーションを誘発させる。1965年に氏が逝去されて以降、宇宙人といえば、化け物のような姿で恐怖を与えるエイリアンの話が一般に出回っている。2000年頃から本格化したスティーブン・グリア博士の「ディスクロージャー」の活動、「UFOテクノロジー隠蔽工作」を読めば、現在進行中のUFO・宇宙人問題の真実を感じられるだろう。進化された宇宙人たちからは学ぶことがたくさんある。もともと私たちも宇宙人である。遠からず、宇宙交流時代が公然と始まる気がしている。 2018.11.20

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示