DSC02473 (2).JPG

野愛の里 

NOANOSATO

トップ春.JPG

自然栽培農園 開拓中

【2021】

​<2月>畑の準備

DSC03696.JPG
畑の雑木をおがす、ランクル活躍
画像3.jpg
​友人に借りた耕運機で土を耕す
DSC03720.JPG
​西の方の畑は30数年ぶりの開墾
DSC03702.JPG
土中のアピオスとヤーコンの株を掘り出して一時保存
DSC03707.JPG
畝立機でウネを立てる(幅1mと70cm)
DSC03716.JPG
​なんとか畝立てができました

​<3月>マルチ張り

DSC03760.JPG
​姫リンゴの花
DSC03837.JPG
​ローレル(月桂樹)の花
DSC03843.JPG
​木イチゴの花
DSC03834.JPG
一畝づつ手製でマルチ張り、スコップで土をかぶせる
DSC03757.JPG
​マルチの上を猿が歩いて穴をあける、人の想いを知らぬ猿たち
DSC03777.JPG
​イヤサカ君
DSC03779.JPG
強風やまじ風で何度かはがれ修正、やっぱり機械で張りたい
DSC03780.JPG
​猿を追い払うため、犬やヒト型のカカシを作って置いてみる
DSC03781.JPG

​<4月>種植え

高知のS和尚からわけてもらった「生姜」。マルチにカッターで切れ目を入れ200個余り定植。生姜は珍味な健康食。
DSC03858.JPG
DSC03861.JPG
◌自然栽培の種子は、固定種・在来種を使う(野口種苗研究所より購入)、以後、自家採取した種を植える。不自然なF1(一代交配種)や遺伝子組み換えの種子は使わない。有毒な農薬、化学肥料、除草剤は一切使用しない。天地の恵みを頂いて、出来るだけ自然のままに育てる(太陽の光・熱、雨・水、土中の有効微生物、風など、宇宙エネルギー+愛情)。種は直播。
DSC03869.JPG
ミニトマト
DSC03868.JPG
​キャベツ
DSC03872.JPG
オクラ
DSC03876.JPG
​大豆
DSC03877.JPG
​ピーマン
DSC03871.JPG
トウガラシ
DSC03870.JPG
​キワノ(ジェリーメロン)
DSC03878.JPG
陸稲(モチ米)
◌土の中で眠っていたアピオスとヤーコンを植える。(去年、サトイモ・ヤマノイモ・ジャガイモ・サツマイモは、猿とイノシシに荒らされてほとんど収穫できなかった。ただ、アピオスとヤーコンだけは無事であった。たくましいスーパーフード。)
DSC03879.JPG
DSC03913.JPG
DSC03865.JPG
水の管理にローリータンクを買った。草刈りも定期的に。
DSC03900.JPG
DSC03881.JPG
​ピラミッドパワーの実験。つる性の「キワノ」の種をまく。
<​春の草花>★→動画
DSC03855.JPG
DSC03918.JPG
DSC03907.JPG
DSC03889.JPG
DSC03917.JPG
DSC03894.JPG
DSC03893.JPG
DSC03890.JPG
DSC03904.JPG
DSC03888.JPG
DSC03897.JPG
DSC03908.JPG
DSC03892.JPG
DSC03891.JPG
DSC03896.JPG
DSC03895.JPG
DSC03909.JPG
DSC03910.JPG
DSC03911.JPG
DSC03912.JPG
小さな種から、芽が出て茎が伸び、葉を広げ花が咲く不思議さ。花は、それぞれの歌を歌っている。
​イタドリはおひたしに、野イチゴはつまみ食い、ミントはハーブティーに、ヨモギはヨモギ餅に、自然は食の宝庫。

​<5月>支柱・ネット張り、芽生え

DSC03925.JPG
DSC03964.JPG
アピオスとキュウリの支柱・ネット張り。支柱をクロスさせ、3mおきに設置。上下にワイヤーロープを張り、ネットを通す。
両端を支材で固定。倹約したため、強風に少し不安。キュウリ138穴(発芽率9割)、アピオス1,000個(現在発芽率6割)/木の枝を支柱にし、麻ひもで編んだ畝もある。
<材料:支柱150㎝×112本、支材2m×16本、ネット18m×108㎝×8本、ワイヤー麻ロープ850m✖1巻>
DSC03935.JPG
​アピオス
DSC03934.JPG
​ヤーコン
DSC03932.JPG
​キワノ
DSC03936.JPG
​キュウリ
DSC03940.JPG
​ミニトマト
DSC03937.JPG
​オクラ
DSC03944.JPG
モチノキの花
DSC03938.JPG
陸稲モチ
DSC03930.JPG
小夏
DSC03958.JPG
​オリーブ
DSC03954.JPG
​ビワ
DSC03960.JPG
カキ
DSC03962.JPG
​ブルーベリー
DSC03957.JPG
​ユキノシタ
DSC03961.JPG
サンショウ
DSC03951.JPG
​ヤマノイモ
DSC03953.JPG
タマネギ(昨年秋植え)
DSC03949.JPG
ニンニク(昨年秋植え)
DSC03955.JPG
ジャガイモ(アンデス)
DSC03959.JPG
サツマイモ(紅あずま、土佐金時)
DSC03966.JPG
DSC03971.JPG
タマネギを収穫。ヒモでつるして乾燥・保存
DSC03969.JPG
​ニンニクの収穫

​<6月>生育、サツマイモ苗植え

DSC03990.JPG
​定植して35日、ショウガが芽出す
DSC03991.JPG
​種を植えて1か月後、キュウリの花盛り
DSC03998.JPG
​アケビの花が咲いた。今年は実るかな。
DSC04015.JPG
DSC04013.JPG
DSC04000.JPG
​アピオス畑の様子。マルチの間の草がすごい。芋はマルチの中なので大丈夫。ツルがどんどん伸びている。やっぱりネットが低かった。
草取りに追われている。キュウリ第一号。くちなしの花のいい香り。
DSC03979.JPG
​道側の畑を開墾する。サツマイモ植えの準備。
DSC03988.JPG
​マルチを張る。網で囲んで上下に有刺鉄線。(サル・イノシシ除け)
DSC04003.JPG
5月末に注文して20日、ようやくサツマイモの苗が届く。左から「紅はるか」「安納芋」「シルクスイート」計210本
DSC04005.JPG
DSC04011.JPG
DSC04010.JPG
サツマイモの苗を植える。30㎝間隔。斜め植え、立て植え、根の方向も変えて植えてみた。
(6月末)
DSC04062.JPG
DSC04040.JPG
​キワノ ピラミッドを埋め尽くす
​雨が降ったりやんだり、おかしな天気
DSC04068.JPG
​旺盛なキュウリ…芽かき・剪定が追いつかない。ローブ修正。
DSC04090.JPG
​大きく伸びたキュウリにビックリ
DSC04087.JPG
​長さ40cm級のキュウリ。大きくても美味しい自然の味
DSC04092.JPG
下の方には、曲がったキュウリが多い。自然に任せきり。
DSC04067.JPG
​アピオス畑、ツルと葉がどんどん伸びてゆく
DSC04088.JPG
​並んで咲いているアピオスの花、甘く不思議な香り。
DSC04045.JPG
​花が咲き始めた。例年よりも早い。
DSC04066.JPG
サツマイモの苗が根付く(約90%/安納芋が75%位/))

​<7月 >夏の収穫

DSC04144.JPG
オクラの花は午前中しか開いていない
DSC04105.JPG
​次々とオクラの実が成る、実を摘み取ったらその下の葉も落とす
DSC04100.JPG
トマトの枝が伸び放題、実を摘み取るのに草の間を千鳥足
DSC04101.JPG
トマトの花、やがて実となる
DSC04113.JPG
​ミニトマト、下の枝の方から実が成っていく
DSC04126.JPG
​マイクロトマト、房ごと収穫していく
DSC04108.JPG
​生姜畑、畝間の草の成長の方がスゴイ、何度目かの草取り
DSC04141.JPG
​ショウガの成長は様々、日照り続きなので水やりを行った
DSC04094.JPG
​アピオスの花を摘む、干してアピオス茶に
DSC04145.JPG
​草の成長より速く、ヤーコンが大きな葉を広げている
DSC04140.JPG
​ピーマンの花が咲く
DSC04139.JPG
​黄色い品種のピーマン
DSC04112.JPG
​アボガドの種から葉が出て来た
★7月から、近くのJA産直市「たのしみ市」の会員になった。現在、2日おき位、週に3~4回出荷しています。
DSC04096.JPG
​キュウリ
DSC04097.JPG
​オクラ
DSC04110.JPG
​ミニトマト

​<8月 >暑い夏、雨と日照り

暑い日照りが続いたり、大雨が降ったりと、変な天気-。8月に入り、夏の収穫がほぼ終わる。種の採取。
8月上旬に早、ツクツクボウシが鳴き出した。下旬には深夜に鳴いているのを聞いた。彼岸花が1輪咲いている。​異常気象!?。
DSC04153.JPG
​珍しい黄色のピーマンがなった
DSC04159.JPG
​大きくなりすぎ、黄色になったキュウリ
DSC04182 (2).JPG
​キュウリの種採り
DSC04172.JPG
​キワノのピラミッド
DSC04170.JPG
​花の後にキワノの実が成り出した
DSC04165.JPG
​雑草の中で実をつけだした陸稲
DSC04173.JPG
​旺盛なヤーコンの葉
DSC04174.JPG
花が散り生い茂るアピオス
DSC04180.JPG
​草取り、土寄せをした後の生姜畑
DSC04175.JPG
草の中にサツマイモの葉は広がってゆく
DSC04184.JPG
赤くなってゆくトウガラシの実
DSC04182.JPG
トマトの種採り(左/マイクロトマト、右/ミニトマト)

​<9月 > 種の採取(来春用)と秋植え

DSC04198.JPG
​毎年、9月の彼岸に咲く曼珠沙華(今年は少し早く咲いた)
DSC04241.JPG
​ジャスミンの真白い花満開~風が吹くとイイ香りが漂う
DSC04191.JPG
​収穫から2か月経ったキュウリ。9月末、上の方から次第に枯れ始める。
DSC04192.JPG
枯れたオクラ、さやの中に種子がある
DSC04187.JPG
DSC04193.JPG
​オクラの種、1さやの中に100個位ある(来年用)
DSC04188.JPG
キワノ(ジェリーメロン) 固い殻を割って中身を食す、バナナとメロンとアロエを足したような味
​*秋植えニンニクとタマネギの種まき
DSC04218.JPG
種ニンニク色々、株分けして約800個の種になる
DSC04223.JPG
​香川産ニンニク
DSC04222.JPG
​中国産ニンニク
DSC04248.JPG
DSC04247.JPG
​タマネギの種
DSC04251.JPG
DSC04245.JPG
大きくなったショウガ、収穫まであと少し
春先にサトウキビの茎を地面に埋めていたら、大きくなった

​<10月 > 早めのサツマイモ掘り

DSC04295.JPG
​秋も草刈り (長年使っていた草刈り機が折れたので新調した)
DSC04293.JPG
​ニンニクの芽が伸び始めている (来春5月頃成熟予定)
DSC04291.JPG
​ヤーコンの花が咲き始める
DSC04299.JPG
何ものかが食べに来だしたので、早めにサツマイモを掘り出す。
DSC04301.JPG
これから成熟するという時期、何者かに食い荒らされていた。
​ハクビシンかイタチか小猿-。イノシシは入っていないようだ。
20m四方を網で囲い、上下に有刺鉄線を張っていたサツマイモ畑。下の有刺鉄線と土の間を掘ったり、網を突き抜けて侵入した様子。
何度か補修したり、害獣ライトを設置してみるも、侵入は続き、1株ごと順に掘り起こして食べたり持って帰られている。
しかたなく、早めに収穫することにした。
収穫量は予想の半分以下。おまけに小ぶりのお芋が多い。
サツマイモは甘いせいか、山の動物への捧げものになってしまった。
​写真は左からシルクスイート、紅はるか、安納芋、シルクスイートⅡ
DSC04329.JPG
​蒸してみた、おいし~い。上:安納芋、下:シルクスイーツ
DSC04303.JPG
​収穫後のサツマイモ畑

​<11月 > 生姜・ヤーコン・アピオスの収穫

画像1.jpg
​色づく畑の山
DSC04336.JPG
​生姜の収穫
DSC04443.JPG
​産直市に出荷中
DSC04425.JPG
​アピオスの収穫、一部保存
DSC04474.JPG
​ヤーコンの花
DSC04428.JPG
​ヤーコンの収穫、産直市に出荷中
DSC04481.JPG
​伸びるニンニク
DSC04368.JPG
​少し栽培してみた紅あずま
DSC04369.JPG
​大きな紅あずま
DSC04477.JPG
​種から育ったキャベツ
DSC04479.JPG
​育つジャガイモ(インカのめざめ)
DSC04461.JPG
DSC04467.JPG
DSC04470.JPG
​皆既月食 11/19
​【11/17】10月に収穫したサツマイモを使って、地元の地域活動支援センターで「壺焼き芋大会」、みんなでオリジナル曲♫しゃぼん玉♫ を録音しました。イイ感じに出来上がりました。

​<12月 > 出荷中、年末の畑

DSC04488.JPG
DSC04483.JPG
DSC04484.JPG
​産直市では「生姜」がよく売れました。毎週収穫しては出荷、土日にはすっかり売り切れます。アピオス、ヤーコンはあまり知られていないのか、お店側も、初めて店頭に並ぶとのことで、チラシを作って置いてもらいました(表示ボタンをクリック)。健康野菜と知って買ってくれる人もいます。が、一般的に売れ行きはイマイチです。
​店頭及びネットからご購入していただいた方、ありがとうございました。
DSC04562.JPG
​ニンニクとタマネギ生育中
DSC04522.JPG
​山に近い北側の方から、動物?に荒らされる
DSC04560.JPG
​ニンニク
DSC04561.JPG
​タマネギ
以前、社会福祉事業に務めていた時、「自然栽培パーティ」代表のS氏に大変お世話になった。新宮や嶺南で自然栽培のノウハウを教えてもらって、障がいのある方と農園活動をしていた。
その中で、山の畑を猿やイノシシに荒らされない方法の一つとして、作物の周辺にニンニクやショウガを植えると寄り付かなくなる、という話があった。うまくいく場合もあるが、当畑では上記の写真のとおり荒らされてしまった。しかし作物は食べられてはいない。多分猿⁉のいたずらだ。崩れた苗を元に戻すのに苦労の連続。
試行錯誤しながら、それでも自然栽培は続けたい。今年一年、畑と植物と大自然、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。