野愛の里PROLOGUE

PA180018.JPG

四国遍路を旅していた。野宿のある夜、鮮やかな夢を見た。とても美しい野辺…それを「野愛の里」と呼ぶようになった。

そこは、至福の「光」に守られた、静かな山里、人々は自然と共に暮らしている。

山々は勇壮にそびえ、四季折々の美に映える。広いなだらかな野辺をつたって緩やかな川が流れている。天空の陽ざしにみどりの樹々は照り、すずやかな風が吹き渡る。小鳥の声は行き交って、野の生き物たちが揺られては歌い出す。大地から様々な色彩の草花が芽生え、芳しい香りが野を巡り、自給自足の糧を紡いでいる。

すべての命ある者は循環し、楽しみと輝きの中で相調和する。愛しい想いたちが力強いエネルギーを生み出し、野辺に祝福をもたらしている。それは天地創造の一つの夢、やすらぎの中で夢の花は開き、旅人は自由の歌を謳歌する。絶えず新しい時がゆく。世間のわずらわしさから遠く離れ、山紫水明の里で暮らしている。

DSC04859 (3).JPG

​〇秋の菜園から(2018)  

DSC04862_edited.jpg
DSC04873.JPG
DSC04836.JPG

​オリーブは 緑の実から むらさきへ

DSC04876.JPG

​ローレルの 葉を噛んで見る 秋の空

ジャスミンの 白い花たち 野に香る

DSC04866.JPG

​もうすぐだ 赤くなるかな ミニトマト

DSC04835 (2).JPG

​いつのまに キンモクセイの 香る朝

DSC04880.JPG
DSC04877.JPG
DSC04870_edited.jpg

​行く秋に 石焼きイモが 食べれそう

​【11月初旬】

DSC04950.JPG
DSC04928.JPG

5月に植えたミニトマト、今も

花が咲き、実りつづけている

左~紅はるか・安納芋・シルククイーンDSC04920 (2).JPG
サツマイモ3種.jpg
シルクスイートDSC04917.JPG
上~紅はるか・安納芋・シルクスイートDSC04938.JPG

自然栽培のサツマイモ(無農薬・無肥料) 

5月初旬に、紅はるか、安納芋、シルクスイート、3種類の芋づるを植えて約6ヶ月、待ちに待った収穫。蒸すと、どの品種も柔らかくてとても甘く美味しかった。別に木箱の中に真砂土とバーク肥土をまぜて苗を植えてみたが、路地と同じように育ち収穫できた。良い作物づくりには土づくりが大切だと言われている。今後は「微生物農法」の研究や「原種」の保存に努めたいと思っている。

​【12月下旬】

DSC00032.JPG

小夏の実がうす黄色に色づいてきた。

白いサザンカと紅色のツバキが咲いている。

オリーブの実が紫に成っている、誰か美味しい食べ方を教えてください。

DSC00033.JPG
DSC00003.JPG
DSC00037.JPG
DSC00035.JPG

​あれからキクイモとショウガを収穫した。北野の畑にはイノシシとサルが出没するので、作物を守るにはショウガとニンニクを植えたらいいらしい。

​〇冬の菜園から(2019)  

​【1月下旬】

DSC00275.JPG

満月の夜は、菜園も植物たちも静かに揺らぐ。

水仙の花が咲きはじめた。玉竜かリュウノヒゲか小さな丸い実をつけて地上すれすれで輝いている。

DSC00297.JPG
DSC00310 (2).JPG
DSC00296.JPG
DSC00313 (2).JPG

​【2月下旬】

DSC00654.JPG
DSC00335.JPG
DSC00601.JPG

去年から近くに住んでいるヒヨドリたちが、すぐそばまで寄ってくる。頭がバサバサである。

スズメたちが鳴きながら群れを成してやって来る。倉庫の上に止まり、大空を見つめているのか。

​土を掘り起こしていると、セミの幼虫が出て来た。

DSC00588-1.JPG

<土づくり~微生物農法へチャレンジ>

1.約4tの真砂土を入れ、バーク肥料(廃材由来のもの)を加え、液体カーボン資材(※若葉2号)を散布し、耕運機で何日か日をおいて耕した。

2.雨が降り、土が幾分乾いた日に畝を立てて、有用微生物土壌改良材(※EM1)を散布。一応、種を植える圃場準備完了。

3.約1月間このままにしておく。(土壌の状態を見て各資材を活用/有用微生物が住み、栄養分を含み、土の団粒化が進み水はけ水もちがいい土へ)

◌化学肥料や農薬を一切使用しないで栽培したいので、植物が好む、より自然な土づくりが大事となる。  

※若葉2号……光合成微生物とトウモロコシの澱粉を発酵菌に植え付けて発酵させた濃縮液。この液が土壌菌の栄養となり、土壌菌を増殖させ、有機物の分解を早め、堆肥化を加速度的に早める。土壌のpHの調整、土の活性化、悪玉菌を減少させる効果がある。(販売:フロンティア光栄株式会社)

※EM1……好気性と嫌気性の微生物(乳酸菌群、酵母群、光合成細菌群、糸状菌、放線菌)を天然材料で複合培養した液体。これらの種々の微生物の働きが有機物の処理、環境中の微生物の活性化を行う。(販売:株式会社EM研究所)

DSC00596.JPG
DSC00646.JPG

​クヌギの原木8本に、約300個のシイタケ菌2種類を打ち込んだ。

畝の右側に、トタンと防水シートで簡易池を造った。メダカと蛍を育ててみる予定である。

DSC00586.JPG

​金運が良くなるという⁉クロガネモチの赤い実。 やっぱり満月の日にクレソンが芽を出していた。

DSC00664.JPG
DSC00651.JPG
DSC00648.JPG
DSC00647.JPG
DSC00653.JPG
DSC00659.JPG
DSC00652.JPG

​【3月下旬】

DSC00744.JPG
DSC00823.JPG

<種イモ類の定植>3月上旬

◌ジャガイモ (キタアカリ、男爵、アンデスの瞳)

◌サツマイモ (昨年貯蔵しておいた種イモ・目出し用)

◌ヤーコン  ◌アビオス  ◌キクイモ​

<種まき/すべて原種・固定種です>

3月の満月の前日、第1回種まきをしました。早く芽を出し元気に育って下さい。

◌ベビーリーフ     ◌ラディシュ

◌ホウレンソウ     ◌ニンジン

◌レタス        ◌ダイコン

◌コマツナ       ◌シュンギク

◌ネギ         ◌ニラ

◌キャベツ       ◌ショウガ (高知の友人にもらう)

★危険⁈―ついに始まるのか遺伝子操作(組換えではないというが)食品の流通―

​先日、テレビや新聞で、遺伝子(DNA)のゲノム編集をしたトマトやジャガイモなどの野菜やイネ、マダイなどの養殖魚が、この夏にも市場に流通する、というニュースが流れた。しかも国は、その安全性について審査する事はなく、販売者が国に届け出るだけでいいとしている。その専門部会で協議されたのだろうが、消費者センター代表の部会員の方が「疑問が残る、不安である」とインタビューに答えていた。これからその遺伝子操作をした食品を「ゲノム編集食品」と表示するかどうか検討に入るそうだ。/当然表示するべきだ! そんなの食べたくはない!! DNAの秘密探究を。

DSC00819.JPG
DSC00826.JPG

​ 咲いたイチゴの花 (左が女峰、右は野イチゴ)

DSC00810.JPG

​ スズランの花盛り

DSC00827.JPG

​タンポポの綿毛(種)

DSC00715.JPG
DSC00719.JPG

​黄メダカ

DSC00694.JPG
DSC00686.JPG

青メダカ

***休耕地の開拓***

1-DSC00855.JPG
2.DSC00864.JPG

​山の近くの休耕地を開墾しました。約2反(タン)ほど。(1反=10a=1,000㎡)最初、草刈機で草を刈り、トラクター(JAから借用)で耕運し、1反地だけ畝立機(友人から借用)でウネを立てました。この畑は長らく放置していたので、掘り起こすと草の根や石がたくさん出て来ましたが、土はホッカホッカ、時々甘酸っぱい香りが漂っています。(EM菌の匂いとよく似ている) 無農薬・無肥料で自然栽培してみようと思っています。

3.DSC00858.JPG
4-DSC00872.JPG
5.DSC00867.JPG
6.DSC00882.JPG
7.DSC00859.JPG
8.DSC00880.JPG

​畑と畑の境には雑木が自然と繁ってしまっていて、チェンソーで切っていっています。耕運しても、しばらくすると雑草は後から後から生え出てきます。植物の研究者でもある天皇陛下は「雑草といわれる雑草はない」とおっしゃられたそうですが(共感)……。まだまだ未開墾地が続いています。

​〇春の菜園から(2019)  

​【4月下旬】

​ジャガイモ 2か月目 (キタアカリ、男爵、アンデスのひとみ)

DSC00953キタアカリ.JPG
DSC00952男爵.JPG

​黄メダカ

DSC00956アンデスひとみ.JPG

​芽生え 約1か月目 (ベビーリーフ、ホウレンソウ、レタス、コマツナ、キュベツ、ラデッシュ、ダイコン、シュンギク)

DSC00958リーフ.JPG
DSC00959ホウレン.JPG
DSC00960レタス.JPG
DSC00961コマツナ.JPG
DSC00963キャベツ.JPG
DSC00964ラデッシュ.JPG
DSC00966ダイコン.JPG
DSC00967シュンギク.JPG

***休耕地の開拓***4/13・14 イモ類を植える

DSC00919.JPG
DSC00920.JPG
DSC00908.JPG
DSC00905.JPG
DSC00897.JPG

​山の芋

​ジャガイモ

DSC00900.JPG
DSC00901.JPG

里いも

アピオス

DSC00969.JPG
DSC00912.JPG

​ナシの花

DSC00915.JPG

​木イチゴの花

DSC00911.JPG

​オガタマノキの花

DSC00973.JPG
DSC00972.JPG

​【5月下旬】

DSC01063.JPG

​シュンギク 65日目

DSC01062.JPG

コマツナ 65日目

DSC01061.JPG

レタス 65日目

DSC01088.JPG
DSC01089.JPG
DSC01103.JPG

​ラデッシュ 65日目 花とカブ

DSC01066.JPG

​ダイコン 65日目

DSC01064.JPG

​トウモロコシ 40日目

DSC01068.JPG

​エンドウ 40日目

DSC01065.JPG

カボチャ 40日目

DSC01084.JPG

​ベリー

DSC01096.JPG

​メダカの子どもが生まれている

DSC01080.JPG

​水草の花 (小さいのは散ったオリーブの花)

DSC01102.JPG

キイチゴ

DSC01083.JPG

​カモミール

DSC01093.JPG

オリーブの花

DSC01086.JPG

はごろもジャスミンの花

***休耕地の開拓***5/25 イモ類

DSC01055.JPG

ジャガイモの花

DSC01050.JPG

サトイモ 42日目

DSC01044.JPG
DSC01046.JPG
DSC01053.JPG

​ヤマイモ 41日目

DSC01047.JPG

オリーブの花

アビオス 39日目

​【6月下旬】

DSC01143.JPG
DSC01162.JPG
DSC01163.JPG

​ラデッシュ、ジャガイモを収穫。レタス、シュンギク、コマツナはよく育ち、その都度食した。キャベツ、ネギ類は大きくならなかった。

***休耕地の開拓***6/25

DSC01175.JPG
DSC01176.JPG
DSC01179.JPG

サトイモ77苗、ヤマイモ300苗 ジャガイモ50苗、ほとんど引き抜かれてしまった。サルとイノシシが食べたように思われる。残念-。

マルチはやまじ風でとぎれとぎれに。草が繁ってきている。アピオスだけが元気に育っている。草の中に数本のヤマイモのツルがある。

DSC01167.JPG
DSC01169.JPG
DSC01173.JPG

​世界三大健康野菜の一つ、アピオスの花が咲き始めた。ほんのり甘くフルーティな香りが漂っている。花は乾燥させてハーブティになるそうだ。

DSC01182.JPG
DSC01180.JPG

隣の休耕地は、またしても業者に買い取られ、太陽光発電の整備が着々と進んでいる。

オーナーのMさんは、積極的な事業家である。たまに畑で出会って話をする。ついでに、畑の境目の石積みを整備してくれたり大きな雑木も切ってくれた。

​とにもかくにも「草はひとりでに生える」

​〇夏の菜園から(2019)  

​【7月~8月(盆)】

DSC01416.JPG
DSC01401.JPG
DSC01403.JPG
DSC01405.JPG
DSC01404.JPG
DSC01406.JPG
DSC01409.JPG
DSC01407.JPG
DSC01411.JPG
DSC01412.JPG
DSC01408.JPG
DSC01198.JPG

​jジャスミン花盛り、オリーブの実が大きくなっていく。 スイカとカボチャはこれから。 オクラと自然発生のシソを食べている。

ヤーコン、里いも、サツマイモのツルが伸びて来た。アピオスは花期を過ぎ、摘んだ花々はアピオス花茶(日陰乾燥約2週間)にして飲んでいる。

***休耕地の開拓***8/15   草林中

​〇秋の菜園から(2019)  

​【9月~10月】

DSC01722.JPG
DSC01723.JPG
DSC01724.JPG
DSC01725.JPG
DSC01731.JPG
DSC01732.JPG

​j季節遅れの小ぶりのスイカを2つ収穫、瑞々しく甘かった。キャベツが一つ育っている。オクラはもうすぐ終わり。サツマイモ、ヤーコン、サトイモ、アピオス、ショウガの収穫間近。

菜園を振り返ると、いくら原種でも想うように育たなかった。雑草園になってしまった。されど、グリホサート除草剤や遺伝子組み換え種子は使わない。何故か松の木が枯れた。植物たちの声を聴けるようになりたい。

***休耕地の開拓***10/15   更に草林中

​【11月~12月】

DSC02014.JPG

​ヤーコンの花が咲いた

DSC01735.JPG
DSC02011.JPG

アピオス

DSC02015.JPG

***休耕地の開拓***12月

DSC01441.JPG
DSC01438.JPG
DSC01433.JPG

​草の勢いがスゴイ、畑周辺の草刈りをする。隣にはまたもや太陽光発電が進出。夕暮れ、奇妙な雲が出現した。

​【2020  1月~3月】

DSC02099.JPG
DSC02105.JPG
DSC02142.JPG

​ 遅くまでゆっくり巻いたキャベツ          ヤーコン           大きなアピオス

DSC02132.JPG

​【2020  4月】

DSC02194.JPG
DSC02189.JPG
DSC02191.JPG
DSC02196.JPG

​ 花が咲いた―サクラ、モモ、ローレル、キイチゴ

DSC02185.JPG
DSC02186.JPG
DSC02224.JPG

​満月の前日、ジャガイモ、ヤマノイモ、ヤーコン、ショウガ、オリーブの苗木を定植

***休耕地の開拓***4月

DSC02424.JPG
DSC02426.JPG

 雑木の伐採   耕起  

DSC02422.JPG
DSC02431.JPG
DSC02429.JPG

​アピオスを掘り出す (種芋としてこれから植える予定)  オガタマノキの花からイイ香り

DSC02440.JPG
DSC02441.JPG

​2年前に伐採した雑木の枝を乱雑に積み上げてあったので、枯れ枝を並べて置き換えていた。すると、大きいカブトムシの幼虫が出て来た。枯れ枝をのけてゆくうちに次々となんと20匹も出て来た。この場所でメスが卵を産んだのだろう。早速1m四方の容器に腐葉土等を入れ飼育箱を作った。​成長するのが楽しみである。

​【2020  5月】

***休耕地の開拓***5月

DSC02474.JPG
DSC02445.JPG
DSC02448.JPG

​オガタマノキ全開    ウネ立て~マルチ張り   ハクセキレイ    アピオス約600個定植

DSC02476.JPG
DSC02470.JPG
DSC02477.JPG
DSC02478.JPG

​【2020  6月】

DSC02501.JPG
DSC02544.JPG
DSC02539.JPG

​ (5月中旬~下旬) 羽衣ジャスミン満開~清純な香り漂う。今年はビワが多くなった、イチゴは少々。

DSC02540.JPG
DSC02541.JPG
DSC02543.JPG

​ ジャガイモの花が咲いた。 前年採っておいたヤーコンの株を分けて植えた~葉が広がってゆく。

DSC02545.JPG
DSC02546.JPG
DSC02511.JPG

​ サツマイモ・紅はるか生育中、アピオスのピラミッド仕立て、ぺパ―ミントとスペアミント葉盛り。

DSC02536.JPG
DSC02535.JPG

​ ミニトマトの花、新しく移植したオリーブの花

DSC02529.JPG

​5月初旬、何年ぶりかツバメが飛んで来た。1週間ぐらいかけて巣をつくったのに、なんとカラスに破壊されてしまった…。

***休耕地の開拓***6月

DSC02488.JPG
DSC02555.JPG

​5月初旬に植えたアピオスは、70個くらいしか芽が伸びていない。支柱は買うと高いので、伐採した雑木の枝を切って立てている。早く芽を出せ、天に伸びろ、地にいっぱいオイシイ実をつけてください。

5月下旬、小麦1㎏とお米(ヒエリ、恋の予感)少々を蒔いてみた。どうなることやら…。

​6月に入って、鳴門金時の苗を32本ほど、大豆とエンドウの種をまいた。

​【2020  7月】

DSC02654.JPG
DSC02655.JPG
DSC02672.JPG
DSC02678.JPG
DSC02679.JPG
DSC02701.JPG

​ミニトマト、キャベツ、サツマイモ、ヤマノイモ、ヤーコン成長中。

カブトムシが出て来た。現在3匹。

***休耕地の開拓***7月

DSC02658.JPG
DSC02683.JPG
DSC02686.JPG
DSC02690.JPG
DSC02704.JPG
DSC02670.JPG

雑草の中、アピオスが元気に育っている。7月に入って花が咲いた。花を摘む、エキゾチックなほのかな甘い香りが漂う。乾燥させて花茶を作る予定。ゴマの花も咲きだした。

高知県四万十川流域の村に住む友人から新ショウガを頂いた。♡ありがとうございます。

​【2020  8~9月】

自然に任せっぱなし。畑は雑草でいっぱいになってしまった。だけどマルチの下では、お芋が育っているはず―。

​【2020  10~11月】 ***休耕地の開拓***

DSC03032.JPG

​赤星山と夜明けの金星

DSC03077.JPG

試作~乾田に蒔いた米・恋の予感が育っていた

DSC03137.JPG
DSC03143.JPG
DSC03183.JPG

​マルチをのける

サツマイモと山の芋

サツマイモの苗はほとんど山猿?に引かれてしまった。山の芋は自然栽培では少々小ぶり。

​春まきの麦は残念ながら育たなかった。

​-アピオスの収穫-

DSC03081.JPG
DSC03184.JPG
DSC03230.JPG
DSC03237.JPG
大DSC03243.JPG
中DS03240.JPG

10月中旬、アピオスの葉が枯れ、11月から収穫-。畝の溝からマルチの付根までも草が繁っているけど、マルチの中は大丈夫。畑の土はもう40年以上も無農薬・無肥料のせいかホクホクしている。マルチをはがしながら土の中を掘る。大きいのやら小さいのやら数珠つなぎに出て来る。掘った後は、土が付いたままキャリーに入れ2・3日空気にさらす。その後、高圧洗浄機で洗浄し、自然乾燥させて、紐を切って出荷準備!!。

小さいのや紐はまとめて茹でて、乾燥させミルで引き、アピオスパウダーにする予定。アピオスは小さいながら、栄養豊富な食べ物と言われている。文部科学省の日本食品標準成分表を調べて見ると、確かに、エネルギー、たんぱく質、アミノ酸、食物繊維、カルシウム、マグネシウム他、ビタミン類も、他の芋類と比べて成分が豊富に含まれているのが見て取れる。

種芋600個ほど植えたけど、ツルが出て来たのは約半分位。12月にかけて徐々に収穫していきます。

 

​【2020  12月】 ***休耕地の開拓***

​-ヤーコンの収穫-

ヤーコンDSC03451.JPG
DSC03386.JPG
ヤーコンDSC03460 (1).JPG

ヤーコンは、世界3大健康野菜と呼ばれる食物の一つ。

12月にかけて花が咲き、次第に葉が枯れ始める頃に、収穫。

スコップで深く掘り出さないと、ポキッ、ポキッと芋が取れる。

​生でかじると、梨のような食感で少し甘みがある。葉は蒸してヤーコン茶にしてみる。

DSC00862.JPG